港区 麻布十番駅から徒歩30秒!整体・骨盤矯正なら「ふじわら整体院」

不定愁訴をご存知ですか?

腰痛で悩んでいるのに、レントゲン、CT、MRI等、検査ではどこにも異常が発見されないことがあります。
このように筋肉や骨格、あるいは内臓などに異常もなく原因不明の痛みや違和感というものは確かに存在します。
これらは通称「不定愁訴」と呼びます。

これら「不定愁訴」の要因には、最近の研究ではストレス反応の可能性があります。

日本整形外科学会と日本腰痛学会はともに、
腰痛の原因には、精神的ストレスの要因も関係していると発表しています。

 

ストレスからの腰痛が起きる流れ

流れを簡単に書きますと、

ストレスが原因で自律神経が乱れる→筋肉が緊張する→血液循環が悪化する→腰痛が起きる

ということです。

このような現象は実は腰痛に限らず、肩こり等、その他の慢性的な症状に大概当てはまります。

 

ストレス要因は多岐に渡ります。

但し、一口にストレスと言っても要因は多岐に渡ります。
ストレスの感じ方は本人の受け取り方次第だったり、プラス思考やマイナス思考といった個人差もあって、人間の思考の複雑さが垣間見れます。
そして、ストレスがもしなければ人は怠惰になり、肥満や老化・痴呆の遠因ともなり、寿命を縮めてしまう可能性があることも難しい点です。

 

人が社会生活を営む上でストレスは大事な潤滑剤になっていることを忘れてはなりません。

 

大事なことはバランス

この点を考慮して、私が良いと思うストレスとの向き合い方は、やはりバランスが大事だと考えています。
腰痛や首肩こりといった「不定愁訴」を引き起こさないためには、どちらかに偏らない「運動」「栄養」「休息」のバランスがとても重要になってきます。
そして、「心の持ちよう」「意識」「思考」の偏らないバランス感覚も同様に大切です。

日々の仕事や生活をするなかで、偏らずにバランスよくして暮らしていくことは意外と難しいものです。
かくいう私も実のところは、つい楽な方や怠け心が出てしまい、とても偉そうなことは言えません(反省・・・)

出来る範囲のことを、無理せずに行っていこうと考えています。
皆様も出来るところから行ってみてはいかがでしょうか?

港区 麻布十番の「ふじわら整体院」 PAGETOP