港区 麻布十番駅から徒歩30秒!整体・骨盤矯正なら「ふじわら整体院」

骨盤矯正はお産にも良い影響を与えます

理由はいくつかありますが、その一つに、産道と呼ばれる赤ちゃんの通り道に良い影響があることが分かっています。

女性は妊娠すると、「リラキシンホルモン」という、産道を確保しやすくするホルモンが分泌されます。

このホルモンは、骨盤を構成する関節や靭帯をゆるめる働きをするものなんですが、特に仙腸関節という下図のクリーム色とオレンジ色の骨間で起こり、徐々に関節が開いていきます。

グラフィックス 骨盤

↑骨盤と仙腸関節

この仙腸関節の周りのお尻や腰背部の筋肉と、股関節内の関節靭帯が固いと産道が開きにくく、分娩に時間がかかることもあります。

マタニティ整体では、骨盤の周辺筋肉をソフトに優しくそして入念にほぐし、仙腸関節を中心とした骨格を調整して開きやすい状態にしていきます。

 

産後のことも考えておく必要性

そして盲点になりやすいのですが、産後に疲労度を少なくするためにも、

いかに妊娠中の疲労やストレスを少なくするかがポイントになります。

産後の疲労度が少なければ体力の回復も早く、育児にも余裕が出て、赤ちゃんに沢山の愛情を与えれることにもつながります。

なので、妊娠時の骨盤及び身体のケアをすることは、とっても有意義なことなんですね。

赤ちゃんの為、そして何よりご自身の為にも、妊娠中(妊娠16週以降)の骨盤ケアで身体を整えてあげてください。

港区 麻布十番の「ふじわら整体院」 PAGETOP