港区 麻布十番駅から徒歩30秒!整体・骨盤矯正なら「ふじわら整体院」

お尻の形と姿勢とは、実は関係性があります。

姿勢の歪みや筋肉の柔軟性と、骨盤やお尻の形とはリンクしています。
お尻の筋肉の緊張状態と形を見るだけで、大体の姿勢がわかるほどです。
矯正を受けると、お尻や骨盤の形は左右対称で、丸みを帯びた形になっていくはずです。

本来骨盤はまっすぐ立っていて、子供のお尻の形は絵に描くような桃のような形をしているはずですが、加齢とともにお尻の形は大きく変化し、次第に逆三角形、あるいは四角い形に見えてきます。同時に筋肉の硬さも増して、でこぼこした感じに見えてきます。

骨盤という関節は、原則動いて開閉するようなものではありません。

よく言われる「骨盤の開き」などは、実際にはレントゲンなどで確認できるものではありません。
骨盤が開いたり歪んだりというのは、身体を支える筋力の低下や、使い方の癖で臀部筋に緊張が出て、お尻が大きくなったり開いたように感じているだけというのが現実です。また左右差は、体がねじれているからに過ぎません。

外見上と実際の中身は、思った以上に違うものです。

参考となるお尻の形は大きく分けて2種類

①垂れるケース
猫背で首を突き出しやすい姿勢の方の場合、この垂れるケースです。

真っ直ぐ遠くを見て立って、お尻のえくぼを触ってみてください。
通常より左右に大きな違いがありと思います。
当然骨盤も後ろに下がり、傾き、ねじれています。
腹筋群全体に力が入らずにくびれがないウェストと、胃の周辺から下腹部まで、突き出て膨らんだようなお腹になります。

②突き出すケース
いわゆる出尻で、上体が骨盤より前に出やすく、お尻を突き出しやすくなります。
また、頭を二重顎になるくらい引きやすい姿勢です。
そして、肩口に集中した猫背で、すぐに肩が上がりがちです。

背中と腰のつなぎ目辺りにいつも緊張があり、腰痛もここから始まります。
下腹に力が入らず、ぽっこりと膨らんだようになります。
骨盤は前に傾き、太ももの前と横に緊張が出ます。
太ももの前が太いように感じることも多いです。

大切なことは部分的ではなく、全体的。

こういったお尻・骨盤周りの歪みや、左右差のある形の原因は、お尻や骨盤だけにあるとは限りません。
背骨~頭蓋骨~四肢の相互関係を考慮し、部分的ではない全体的な矯正をしていく必要があります。

当院の整体コースでは、このことを踏まえた全体的な整体観念によって姿勢矯正を行いますので、お尻の形だけでなく、全身のバランスを綺麗に整えていきます。

 

 

港区 麻布十番の「ふじわら整体院」 PAGETOP