港区 麻布十番駅から徒歩30秒!整体・骨盤矯正なら「ふじわら整体院」

肩こりで息苦しさを感じる原因

肩こりが常日頃からあり、更に息苦しさを感じてしまうという方がいらっしゃいます。
その原因としては、肩こりによって不快感が生じて身体が緊張し、
交感神経優位に作用するために呼吸が浅くなるというのがあります。

また、現代社会における肩こりの方の多くが猫背で姿勢が悪いです。
 そして猫背で胸を窮屈にしていると、胸の筋肉(主に大胸筋)が固く縮こまった状態になります。
そのような胸の状態でいると、肩の筋肉や関節が内側に入り常に引っ張られるため、肩や肩甲骨周りに辛さを感じます。

このように、交感神経優位に働いてしまうことと姿勢の問題が、肩こりがある方は息苦しさを併発してしまう状態だということが言えます。 

こりで息苦しい状況を改善するには

肩こりを改善するのに最も重要な点の1つは姿勢を改善することです。

猫背のままでいると、肩の筋肉に負担がかかり続けてしまうので、肩こりを誘発してしまいます。
ですからまずは猫背を中心とした姿勢を整える必要があります。

次に肩~肩甲骨周りの筋肉に疲労が溜まっている可能性が高いので、これを入念にほぐし、血液循環を高めていきます。
老廃物を流すと共に、新鮮な酸素や栄養が筋肉に巡るように代謝を促していきます。

ここまで行えば大抵の息苦しさは改善できると考えられますが、
更に呼吸の仕方や、セルフケアの方法を身につけられれば尚良く、予防にも役立つでしょう。

呼吸法やセルフケアの方法はまた別の機会に書かせていただきます。

姿勢を改善すれば、肩こりを減らし、息苦しさからの脱却につながる可能性大です。

まずは姿勢を見直してみましょう。

港区 麻布十番の「ふじわら整体院」 PAGETOP