港区 麻布十番駅から徒歩30秒!整体・骨盤矯正なら「ふじわら整体院」

テニス肘(内側上顆炎)について

テニス肘とは肘の内側が痛む症状で、正式名称を内側上顆炎と言います。
尚、反対の外側が痛む症状を通称ゴルフ肘と呼び、正式名称を外側上顆炎と言います。

どちらの症状も、体の歪みからおこる肩~肘~手首等の関節が制限され、肘への負担のかかる動きをしている場合と、過度の筋肉への負担や、柔軟性低下で起こります。
猿腕と呼ばれる肘関節の過伸展や、肘が伸びきらない方、猫背な方、首が前に出る方、巻き肩の方などは更になりやすいようです。

 

もしなってしまったら

現時点でもし、肘周辺に腫れや熱感があって炎症がある場合は、早急に抗炎症剤などで炎症を抑えて運動や負荷を避け、安静にして緩解するのを待つのが第一です。

 

安静にすれば炎症は速やかに退きます。

 

症状が緩解して小康状態になったら、整体施術で姿勢と運動機能の歪みを改善することが、原因の解決と再発防止につながります。

一度症状が起きているという事は、腕から手の屈伸運動時に肘にかかる負担の度合いが、許容量を超えているということでもあります。

ねじれや姿勢の歪みは、年齢に比例して強くなりますので、ほおっておくと慢性化になりやすいです。

慢性化すると治癒しづらくなる方もいますので、なるべく早めに対処することをオススメ致します。

 

 

港区 麻布十番の「ふじわら整体院」 PAGETOP